Home | Music Top | Site Map


UNITLOGO.gif



S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
Cocco 激ヤセ リス..
from Cocco 変わり果てた姿 ..
平子理沙 手ブラセミヌー..
from 平子理沙 手ブラセミヌード画..
元モーニング娘。中澤裕子..
from 元モーニング娘。中澤裕子 保..
桜木佑香 志村診察室で診..
from 桜木佑香 志村診察室で診察!..
水川あさみ 下着姿を撮ら..
from 水川あさみ 下着姿を撮らえた..
柳井瞳 AVデビュー 現..
from 柳井瞳 AVデビュー 現役女..
やりすぎガールがAVデビ..
from やりすぎガールがAVデビュー..
有名女子アナ 狙われた映..
from 有名女子アナ 狙われた映像!..
あの数年前に起きた整形外..
from あの数年前に起きた整形外科美..
板尾の嫁 初代ヌード画像..
from 板尾の嫁 初代ヌード画像・動..
谷村奈南 Tバックで撮影..
from 谷村奈南 Tバックで撮影され..
吉高由里子 全裸濡れ場映..
from 吉高由里子 全裸濡れ場映像集..
加護亜依 右肩のヤケドの..
from 加護亜依 右肩のヤケドの後が..
原史奈 痴漢に手をスカー..
from 原史奈 痴漢に手をスカートに..
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
最新のコメント
, против храпа
by MichaelKt at 14:40
, браслет ан..
by Michaelpt at 13:45
Оставили мен..
by Aasqtjrp at 01:30
Самеллан вно..
by Amqnxajs at 02:17
Это была кам..
by Atwbuypt at 21:55
Профессор, м..
by Auiczdin at 18:00
Они были вни..
by Adkagbbw at 15:42
Сотня рабов ..
by Ajcmaylu at 13:38
Открыл, они ..
by Aukvxfpb at 11:32
Потому что э..
by Agfnrtkm at 09:27
Proxy-Base -..
by Richardtog at 08:50
Каким-то чуд..
by Arfucwfa at 01:00
Но, наконец,..
by Asirmtpg at 23:22
Он-то себя н..
by Aihabcol at 09:36
Тут жители д..
by Autpiiwm at 03:20
Кому же этим..
by Anhrgkxy at 01:25
Правда уже с..
by Apxnwjfu at 22:46
Нежная рука ..
by Atzljozc at 19:20
Впереди Перс..
by Atzrhqkh at 16:46
Может, он уж..
by Aerjqalv at 16:31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
TONY ALLENインタビュー
あのゴッド・ファーザー・オブ・アフロビートの来日ライヴが、9/29 (FRI)の代官山UNITで実現!!フェラ・クティとともにアフリカ音楽に革命を起こしたドラマーにしてコンポーザー、ソングライター、TONY ALLEN(トニー・アレン)。今回は、来日寸前の彼に音楽を始めたキッカケを中心に、ドラムを始めたキッカケなど、色々とインタビューを試みた。

c0053925_17303243.gif




☆:あなたが音楽を始めたキッカケやドラムを始めたキッカケは?

TONY ALLEN(以下T):人生、色んな形で音楽と接し、インスピレーションを受けると思うんだけれど、プロのミュージシャンとして生きる決心したのは10代の終わりの頃。どうしてもドラムを叩きたかったんだ。父親は、ギターを弾く人だったんだけど、ギターには全く興味が沸かなかったよ(笑)。多分、それが自分にとって、ミュージシャンとして、そしてドラマーとしての人生の始まりだったんだと思う。それまでは、真剣にやりたい"何か"をいつも探していたんだ。本格的にドラムを叩き始めたのは、10代の終わり頃にミュージシャンの友人のラジオでジャズ番組をよく聞いていて、ジャズをやろうと思ってドラムの練習をし始めたのが最初かな。

☆:子供の頃(10代前半そして10代後半)は、どんな環境(音楽や生活)だった?

T:父親が音楽好きでギターやマンドリンを、家でよく弾いていたんだ。他の兄弟は音楽に全然興味を示さなかったけど、家族の中で一番最初に自分が音楽に目覚めたんだ。10代の後半は、毎日定時刻で電気技師として退屈な仕事をしていたんだけど、その頃、多くの音楽バンドに興味を持っていて、地元のナイトクラブによく遊びに行っていたんだ。だけど、それらのバンドのドラム以外の楽器には全く興味が無くって、ドラマーの動きを盗み見ばかりしてたよ(笑)。
そういうナイトライフが欲しくて、技師の仕事は辞めたんだ。退屈な仕事をするのは自分には合わなかったし、音楽で踊るのが大好きだったからね。その時は、"僕の人生は、夜にあるんだ!"と思っていたよね(笑)。

☆:その頃はどんな音楽を聴いていた?

T:その頃、興味を持って聴いていたのは、"ハイライフ"だね。"ハイライフ"とは、"ウエスト・アフリカン・ミュージック"のことなんだけれど、一番身近な音楽と言えば、それしか考えられなかったよ。それ以外によく聴いたのは、やっぱりブルーノート系JAZZ。ドラムをやりたかったからね、よくラジオで聴いていたよ。アート・ブレイキーとかトニー・ウイリアムスをラジオで聴いて育ったし、彼らの演奏に刺激されてドラムをやりたいって思ったしね。当時、彼らの真似事をしながら、自分なりにベストを尽くしてドラムの練習をしてたよ。当時は、レコードは高価だったから、ブルーノート系のジャズを聴くにはラジオしか方法が無かったんだ。

☆:あなたは、フェラ・クティと共に新しい"アフロ・ビート"を生み出しましたが、どのようなキッカケでその音楽が生まれたのでしょうか?

T:1964年頃にフェラ・クティと活動し始めた当初は、ジャズ中心にライブをしていたんだ。自分達が、ラジオから聴き覚えたブルーノート系ジャズさ。そんな風に最初は、ジャズのみのライブを集中してやっていたら、65年くらいに"ハイライフ・ジャズ"という音楽が出来たんだ。それが、後に"アフロ・ビート"に変化していったんだよね。どんなインスピレーションも、全ては脳を通ってからリズムを創り出していく。例えるなら、自分の頭の中に4人のドラマーが住んでいて、脳からの指令で両手、両足が4人の人格を持った様な タイトなリズムを刻むとする。それぞれが違うチャンネルを通過しながらも、一つの同じポイントにシンクロする時があって、その時に独特のリズムが産まれるんだ。それが"アフロ・ビート"さ。

☆:今後はどんな音楽を創っていきたい?

T:自分は過去の作品にあまり固執していなくて、常に前進して新しい音楽を創り続け、過ぎ去った過去は置いて行く主義なんだ。それと一緒で、"クラブ・ミュージック"は未来へ前進して行く音楽であって、常に革新を続けて進化し続ける音楽だと思っている。自分がやりたいのは一般受けするような音楽とかじゃなくて、独自のリズムパターンを音楽に取り入れていきたいよね。だって、数えきれない程のパターンを体で記憶しているからさ。今やドラムサンプルだったり、ドラムマシーンを使って簡単に音楽が創れてしまう。でも、それじゃ自分の心が許されないんだよね。自分のリズムは、独特で、単なるストレートなキックパターンですら、同じ夜の演奏では二度と同じ様には叩かないよ(笑)。自分は、常に音楽の違う局面と接していて、それが自分のやっている事なんだ。もし他の人と同じ視点に立っていたら、今、この位置に居なかったと思うしね。視点は、常に前進出来る様に自分の思う局面だけを見ているんだ。退屈しちゃうから、同じ場所に留まりたく無いんだよね。だから、音楽が完成した後は二度と聞かないんだ。常に前を見ていたいから、過去の作品とは決別をして前進していくんだよ。

☆:あなたにとって音楽とは?

T:すごく良い気持ちにさせてくれるものだね。病気の時でも、疲れた時でも、ドラムの目の前に座れば、自分を目覚めさせてくれる。どんな状況だろうと、ドラムの前に座れば燃えて来るものなんだよ。
[PR]
by unit-tokyo | 2006-10-02 17:22 | Comments(0)
<< KARAFUTO×原雅明(di... (祝) DRUM & BASS... >>



Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム