Home | Music Top | Site Map


UNITLOGO.gif



S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
Cocco 激ヤセ リス..
from Cocco 変わり果てた姿 ..
平子理沙 手ブラセミヌー..
from 平子理沙 手ブラセミヌード画..
元モーニング娘。中澤裕子..
from 元モーニング娘。中澤裕子 保..
桜木佑香 志村診察室で診..
from 桜木佑香 志村診察室で診察!..
水川あさみ 下着姿を撮ら..
from 水川あさみ 下着姿を撮らえた..
柳井瞳 AVデビュー 現..
from 柳井瞳 AVデビュー 現役女..
やりすぎガールがAVデビ..
from やりすぎガールがAVデビュー..
有名女子アナ 狙われた映..
from 有名女子アナ 狙われた映像!..
あの数年前に起きた整形外..
from あの数年前に起きた整形外科美..
板尾の嫁 初代ヌード画像..
from 板尾の嫁 初代ヌード画像・動..
谷村奈南 Tバックで撮影..
from 谷村奈南 Tバックで撮影され..
吉高由里子 全裸濡れ場映..
from 吉高由里子 全裸濡れ場映像集..
加護亜依 右肩のヤケドの..
from 加護亜依 右肩のヤケドの後が..
原史奈 痴漢に手をスカー..
from 原史奈 痴漢に手をスカートに..
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
最新のコメント
, против храпа
by MichaelKt at 14:40
, браслет ан..
by Michaelpt at 13:45
Оставили мен..
by Aasqtjrp at 01:30
Самеллан вно..
by Amqnxajs at 02:17
Это была кам..
by Atwbuypt at 21:55
Профессор, м..
by Auiczdin at 18:00
Они были вни..
by Adkagbbw at 15:42
Сотня рабов ..
by Ajcmaylu at 13:38
Открыл, они ..
by Aukvxfpb at 11:32
Потому что э..
by Agfnrtkm at 09:27
Proxy-Base -..
by Richardtog at 08:50
Каким-то чуд..
by Arfucwfa at 01:00
Но, наконец,..
by Asirmtpg at 23:22
Он-то себя н..
by Aihabcol at 09:36
Тут жители д..
by Autpiiwm at 03:20
Кому же этим..
by Anhrgkxy at 01:25
Правда уже с..
by Apxnwjfu at 22:46
Нежная рука ..
by Atzljozc at 19:20
Впереди Перс..
by Atzrhqkh at 16:46
Может, он уж..
by Aerjqalv at 16:31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Kuniyuki Takahashi インタビュー
札幌を拠点に世界的な音楽活動を行っている孤高のアーティスト、Kuniyuki Takahashi。
待望のフル・アルバムのリリースが3月11日に決定!また、アルバムリリースを記念したパーティを3月31日にUNITで開催決定!!kuniやkossなどの様々な名義で活動し、Dego(4hero)主宰のレーベル"2000Black"やJoe Claussell主宰のレーベル"Spiritual Life"傘下の"Natural Resource"などからのリリースで絶対的な支持を得て来たにも関わらず、アルバムのリリースは意外にも初という彼。今回は、そんな彼に音楽に対する考え方やアルバムについてのお話を中心に、色々と伺ってみた。
c0053925_18444524.gif




☆:3/11にリリースするアルバムのタイトル『we are together』の由来は?

Kuniyuki(以下K):
そのままの通り、音楽といつも一緒にいましょうという事なんですよ。愛とか友情とか情熱とか光とかって、言葉にしてしまうと簡単なものになってしまうんですが、音楽で伝える事が一番楽なんですよね。あと、人と出会って受けたものや貰えたものって、音楽との出会いもそうなんですけれど、音楽だけでは成り立たなくて、そこに人がいないと意味がなくなってしまうと思うんです。そういう意味では、人と音楽の関係はとても大きいと思うんですよね。今回、koss名義のツアーで各地を廻って、自分の音楽を通じて色々な音楽を好きな人たちに出会って、その人たちが自分の音楽を聴いて感じたものや気持ちがすごく伝わって来たんです。僕が作った曲ですが、音楽自体はそれを飛び越えてみんなの音楽になっていると思うんです。一人では、生きて行けないし、音楽も成り立たない。個人的に、その言葉にすごく思い入れがあるんですよ。

☆:アルバムの音的なコンセプトはありますか?

K:自分が人を通して生まれて来た曲もあって、音への意識は無いんです。今回のアルバムは、過去に作った曲が多く、こういう形にしようとかは全く無くて、あやふやなイメージなんですが、自然とこの形になったという意識が強いんです。もともとあるものを一つの形にするのも、
またみんなに共有してもらうという事なんですよね。もともと、あまり決めごとはしたくなくって、
「この為にこういう形」という風にはしたくないんです。アルバム全体の流れは意識しているので、これを聴いた時に"何か"を感じてもらえたらいいなって思います。

☆:活動の拠点を札幌にしている理由は?

K:自分が生まれた場所なので、そこ(札幌)にいるのが自然なんです。特に大きなこだわりでは無く、居心地が良いし、それまでそこで曲を作って来たので、その延長線上でいるというだけなんですけれどね。

☆:作品からは、北海道っぽさや札幌っぽい透明感のイメージが伝わって来ますが、それは意図して作っているものですか?

K:僕の音楽にそういうものを感じる人がとても多いみたいなんです。もちろんその音楽の作られた場所の特色とかはあると思うんですが、自分の作った音楽なので、僕自身には、全く分からないんですよ(笑)。

☆:曲作りのコンセプトは?

K:色々なケースがあるんですが、自分の中にあるものを生み出すというよりは、その場で感じたものや貰えたものを形にしたいと思っていますね。物や人、時間に対しての感性を形にしたいというのがコンセプトです。あと、四季を表現したいという意識はあります。

☆:影響されたアーティストは?

K:ブライアン・イーノの回りの人たちが好きで、その中でもU2とかのプロデュースをしているダニエル・ラノワという人が、プロデューサーとして素晴らしいと思うんです。彼の持つ空間というか、音の場所がすごく独特なんですよね。彼には、多くの影響を受けました。あとはヴァンゲリス、ピーター・ガブリエルとか、ダンス・ミュージック以外の人が多いんですよ。

☆:音楽に目覚めたのはいつですか?

K:小学校6年生の時ですね。その時の担任の先生がとても音楽好きで、リコーダーがすごく上手かったんです。だから、うちのクラス全員がリコーダーを大好きだったんですよ。その先生の影響がとても大きいですね。音楽ってすごいって、小学生ながらに感動していましたしね。

☆:バンドはやっていましたか?

K:高校の時にやってましたね。アバンギャルドなノイズバンドを兄とやっていましたね。兄がシャウトして、自分はメタルパーカッションとかドラム缶を叩く、とかをやっていましたね(笑)。
それは高校卒業したくらいの頃で、20歳くらいの時です。ライブハウスでライブもやってましたよ。当時、札幌に有ったベッシーホールというライブハウスがあって、そことかでやっていました。

☆:色々な名義を持っていますが、それらの違いを教えてください。

K:kuniyukiやkuniは、楽器を自分で演奏するんです。できる楽器の中で出来る事をやるという感じですね。kossは、ラップトップの中で何が出来るかということを考えてやっているんです。
どちらもラップトップは使うんですが、最初に飛び込んでくるものが演奏か、ラップトップか、という違いがあって、そういう形で分けています。たまに、その中間の時もあって、とても困るんですが(笑)。。。

☆:今後の音楽的な目標は

K:できるだけ、みんなに愛される音楽を作っていきたいです。それに限ります。それしかないです。




音楽に目覚めたのは、小学校6年生の時のリコーダーからというKuniyuki氏。エレクトリックだけど暖かく、どこか切ない音楽。そんな彼の作品からは、「雪が深々と降る、夜の札幌」のイメージを感じることが出来る。あなたなら彼の音楽に何を感じますか?




c0053925_1842841.gifTitle: we are together
Label: mule musiq distribution 03
Price: 2,940yen(inc tax)
Release: 2006.3.11
mule musiq

[Party Info]
2006/3/31(FRI)
mule musiq presents Endless Flight meets Etoiles
- Kuniyuki First Album
" We are Together " Release Party -
【TIME】 OPEN/START 23:00
【CHARGE】 Adv.3,000yen / Door3,500yen
【LINE-UP】
(B2F)UNIT
live :
Kuniyuki with guitar Tsukahara (mule musiq)
Henrik Schwarz (sunday music/mood music)

opening dj:
Henrik Schwarz (sunday music/mood music)

dj:
Gilber aka Chateau Flight (versatile)
kaoru inoue aka chari chari (seeds and ground)

(B3F)SALOON
dj :
TIGER (dai, dol-lop, neemura, rev)

【More Info】
UNIT HP
[PR]
by unit-tokyo | 2006-03-31 18:27 | ARTIST INTERVIEW | Comments(0)
<< 歌姫三姉妹:畠山美由紀、林夕紀... 松沢呉一 インタビュー 上 >>



Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム