Home | Music Top | Site Map


UNITLOGO.gif



S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新のトラックバック
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
Cocco 激ヤセ リス..
from Cocco 変わり果てた姿 ..
平子理沙 手ブラセミヌー..
from 平子理沙 手ブラセミヌード画..
元モーニング娘。中澤裕子..
from 元モーニング娘。中澤裕子 保..
桜木佑香 志村診察室で診..
from 桜木佑香 志村診察室で診察!..
水川あさみ 下着姿を撮ら..
from 水川あさみ 下着姿を撮らえた..
柳井瞳 AVデビュー 現..
from 柳井瞳 AVデビュー 現役女..
やりすぎガールがAVデビ..
from やりすぎガールがAVデビュー..
有名女子アナ 狙われた映..
from 有名女子アナ 狙われた映像!..
あの数年前に起きた整形外..
from あの数年前に起きた整形外科美..
板尾の嫁 初代ヌード画像..
from 板尾の嫁 初代ヌード画像・動..
谷村奈南 Tバックで撮影..
from 谷村奈南 Tバックで撮影され..
吉高由里子 全裸濡れ場映..
from 吉高由里子 全裸濡れ場映像集..
加護亜依 右肩のヤケドの..
from 加護亜依 右肩のヤケドの後が..
原史奈 痴漢に手をスカー..
from 原史奈 痴漢に手をスカートに..
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
最新のコメント
, против храпа
by MichaelKt at 14:40
, браслет ан..
by Michaelpt at 13:45
Оставили мен..
by Aasqtjrp at 01:30
Самеллан вно..
by Amqnxajs at 02:17
Это была кам..
by Atwbuypt at 21:55
Профессор, м..
by Auiczdin at 18:00
Они были вни..
by Adkagbbw at 15:42
Сотня рабов ..
by Ajcmaylu at 13:38
Открыл, они ..
by Aukvxfpb at 11:32
Потому что э..
by Agfnrtkm at 09:27
Proxy-Base -..
by Richardtog at 08:50
Каким-то чуд..
by Arfucwfa at 01:00
Но, наконец,..
by Asirmtpg at 23:22
Он-то себя н..
by Aihabcol at 09:36
Тут жители д..
by Autpiiwm at 03:20
Кому же этим..
by Anhrgkxy at 01:25
Правда уже с..
by Apxnwjfu at 22:46
Нежная рука ..
by Atzljozc at 19:20
Впереди Перс..
by Atzrhqkh at 16:46
Может, он уж..
by Aerjqalv at 16:31
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
LONDON ELEKTRICITY Tony Colman インタビュー
05年の2月に引き続き、12月、あの男がUNITに戻って来た!!UKのドラムン・ベース界の金字塔、そして老舗レーベルHOSPITALを主催!!LONDON ELEKTRICITYが、待望のニュー・アルバム「Pawer Ballads」を引っ提げて、ここ代官山UNITへ舞い戻って来た!!今回は、Tony Colmanに、今までのLONDON ELEKTRICITYとコレからのLONDON ELEKTRICITYについて、そしてニュー・アルバム「Pawer Ballads」についてなど、色々とお話を伺ってみた!!
c0053925_18242388.gif




☆:ユニット名LONDON ELEKTRICITYの意味は?

Tony Colman(以下T):意味は、特に無いんだ(笑)。当初、Chris Gossと2人組で、名前無しでやっていたんだ。ある日、スタジオでレコーディングをやっていていたら、ドアベルが鳴って、ロンドン電力の人が入り口に立っていたんだ。電気メーターをチェックするからって家に来たんだけど、彼らが着ていた黄色いユニホームの背中に"LONDON ELEKTRICITY(ロンドン電力)"って書いてあって、それが良いなって思ったんだよ。それで、彼らにユニホームを売ってくれないか頼んだんだけれど、断られて、、、帰った後に、Chrisに「"LONDON ELEKTRICITY"というユニット名はどう?」って聞いたら、「いいんじゃない!」って言ってくれたから、"LONDON ELEKTRICITY"にしたんだよ。ロンドン地区の電力会社の名前なんだ。

☆:"LONDON ELEKTRICITY"の音楽的コンセプトは?

T:その時々によって変化するし、時間が過ぎて行く中で、自分が感じるものを作品に落とし込んでいくのが、コンセプトなんだよ。いわば自分自身がコンセプトなんだ。だから、コンセプトは、Tony Colmanさ(笑)。

☆レーベル"HOSPITAL"のコンセプトは?

T:
大きく2つあるんだけれども、ひとつは自分たちが良いと思うドラムン・ベースの作品をリリースしていく事。もうひとつは、それ以外のジャンルのものでもドラムン・ベースに良い影響を与えて、ボーダーを広げてくれると思われるものをリリースする事。それが、クラブ・ミュージックというフィールドの中で楽しめるものというか、頭でっかちにならないようなものを"HOSPITAL"からリリースする、それがコンセプトなんだ。

☆:今回のアルバム「Pawer Ballads」のコンセプトは?

T:
抽象的な表現なんだけど、元々はジョークから来ているんだ。日本盤のジャケットとは違うんだけど、UK盤のジャケットは、ピンクフロイドの『アニマルズ』のジャケットにも使用されている、テムズ川沿いにあるバターシー・パワー・ステーションという名前の発電所の写真なんだよ。実は、そこはもう取り壊しが決まっていて、、、というところが一つ。あと、ジャンルとして、"Pawer Ballads"というジャンルがあって、最近のR&Bでソウルフルなバラードの事を呼ぶんだけど、
それは特に興味のある音楽な訳ではないんだけど、"バラード"というジャンル自体が、ドラムン・ベースとは対局にあるもので、そういうものをくっつけて表現する事が、ジョークというか面白いんじゃんないかなと思ったんだ。ジャケットの取り壊し予定のバターシー・パワー・ステーション(発電所)があり、対局のジャンルがあり、ということのジョークなんだよね。あと、最近は、イギリスで色んな事件が起きているので、歌詞の内容も社会的な世情を反映させているんだよ。

☆:初期のJAZZYな作品、最近はデジタルな作品、そして今作は生音系に戻った感じがしますが?

T:
もちろん最初は、JAZZというバックグラウンドから入ったんだけど、前作は、ストレートなドラムン・ベースの部分にアプローチしてみたんだ。今作は、そこからさらに進化して、初期の頃のJAZZっぽい要素を持ったトラックもありつつ、前作のようなストレートなドラムン・ベースのトラックもあり、それらをオーガニックに融合していきながら、さらにそれをライブで表現する事を前提に作ったんだ。それがここに至るまでのひとつの流れであり、自分の心境の変化でもあるんだけれど、自分自身の変化でもあると思うね。

☆:ACID JAZZのユニット"IZIT"から今の"LONDON ELEKTRICITY"への音楽的な流れを
教えてください。

T:
曲の持つテンポとかリズムは、人が着ている服みたいなもので、そのなかにコンセプトだとか芯のものがあると思うんだ。それと一緒で、たまたまそれがリズムで、色々な違った表現をやっている。"IZIT"の最後の方のアルバムでも3曲〜4曲くらいが、ドラムン・ベースサウンドのものがあって、実は、"IZIT"の中で既に変化は起きていたんだよ。だから、"IZIT"から"LONDON ELEKTRICITY"に移行した時には、素直にドラムン・ベースが出来ていたんだ。

☆今日のUNITでのDJの意気込みを教えてください。

T:
2月にも"HOSPITALITY"を"HIGH CONTRAST"とやっているので、すごく良い場所だと分かっているんだ。だから、そこに帰って来るという事で、会場に入ると同時にガツンと決めるよ!!

☆日本のファンにメッセージをお願いします。

T:
常に心を開いていて欲しい。閉鎖的なではなく、常にオープンな心を持っていてください。決して心を閉じないで欲しいです。


c0053925_18281041.gifTITLE:『Pawer Ballads』
(HOSPITAL/Third-Ear Recordings)
¥2,780 (tax in)

Londonのドラムン・ベース中心のレーベル"HOSPITAL"からトニー・コールマン率いるLONDON ELEKTRICITYのニューアルバムがリリース!今回は、いつものデジタルなドラムン・ベースではなく、生バンドとしての生ドラムン・ベースを展開!UKジャズ、ソウルの新たな領域への進化を感じる一枚!
[PR]
by unit-tokyo | 2006-01-21 18:21 | ARTIST INTERVIEW | Comments(0)
<< DJ BAKU×GOTH-TR... CHORDIARY(コーディア... >>



Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム